製菓用ミント香料(エッセンス・リキュール・オイル・シロップ)の特徴まとめ

お菓子作りで使われるミント香料(リキュール、エッセンス、オイル、シロップ)の違いや用途についてまとめてみました。

エッセンス

  • 熱に弱い
  • 水に溶けやすい
  • 揮発性がある
  • 香りが強い

用途

飲料・アイス・生クリーム・プリン・ヨーグルト・ゼリーなど

リキュール

  • 熱に強い
  • 水に溶けやすい
  • 揮発性がある
  • 食感を良くする
  • マスキング効果がある
  • 保存性が高まる
  • 冷菓子に使うとアルコール分が残る
  • 加熱すると風味が弱まる

用途

飲料・ケーキ・アイスなど

オイル

  • 熱に強い
  • 油に溶けやすい
  • 冷菓子に使うと油が分離することがある
  • 加熱しすぎると変質する

用途

バターを多く使った生地・チョコレート・ケーキ・アメ・ガム・パンなど

シロップ

  • 熱に強い
  • 水に溶けやすい
  • ノンアルコール

用途

チョコレート・ケーキ・ゼリー・ヨーグルト・クッキーなど


コメントを残す