一般家電製品の使用アンペア数一覧

家庭内でよく使われている家電の使用アンペア数をまとめました。

契約アンペアの見直しにぜひお役立てください。

アンペア数一覧表

電子レンジ(30L) 15A
トースター 13A
食器洗い乾燥機 13A
ドライヤー 12A
オイルヒーター 12A(最大)
セラミックファンヒーター 12A(最大)
炊飯器 11A
掃除機 10A
エアコン(10畳) 7.5A
14A(起動時)
電気カーペット(3畳) 8A
こたつ 6A
全自動洗濯機(9kg) 3A
冷蔵庫(400L) 2.5A
ドラム式洗濯乾燥機(9kg) 2A
11A(乾燥時)
テレビ(32型) 1.2A
iPhone純正充電器 1A
パソコンモニター(22型) 0.8A
シーリング照明(8〜10畳) 0.7A
A4家庭用プリンター 0.6A
デスクトップパソコン 0.5A
1.5A(最大)
空気清浄機 0.5A
LED照明(8〜10畳) 0.3A
扇風機 0.3A
無線LANルーター 0.1A(最大)

使用アンペア数の計算方法

消費電力(W)を電圧(V)で割ります。

●計算式: 消費電力 ÷ 100

例えば消費電力1,500ワットの電子レンジなら、おおよそ15アンペアになります。

電力会社も見直してみませんか?

東京電力や関西電力などの一般的な電力会社と契約したままになっている方は、実はかなり損をしている可能性が高いかもしれません・・

とはいっても、

・他にどんな会社があるの?
・逆に高くなったりしないの?
・そもそもどうやって手続きすればいいの?

と、きっと不安や疑問だらけだと思います。

そこでおすすめしたいのが、国内最大級の電力会社比較サービス「エネチェンジ」です。

エネチェンジは、

・お住まいの地域に合った電力会社を紹介してくれる
・無料で電気代の比較ができる
・切り替えの手続きを代行してくれる

と、あらゆる不安を一気に解決してくれます。

まずは無料の電気代シミュレーションでどれくらい節約できるかをぜひ確認してみてください。

特典によっては年間で1万円以上安くなることも・・!

国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから

エネチェンジで実際に東京電力からエネオスでんきに切り替えてみました。

電気の使用状況で家族を見守れる?

「離れて暮らす高齢の両親が心配。。」

「だけどなかなか様子を見に行く暇がない・・」

【遠くても安心プラン】という見守りサービスならそのようなお悩みをズバッと解決してくれます。

一人暮らしの高齢者は不安を抱えている

私の運営するスマホ・パソコン相談所にも一人暮らしの高齢者がよくお見えになります。

話を聞くと皆さんやはり少なからず不安を抱えているようです。

だけど一人暮らしは続けたい

ですがほとんどの方は、息子(娘)夫婦からの同居の提案を断っているのだそうです。

おもな理由は「迷惑をかけたくない」「肩身の狭い思いをしそう」などです。

一人暮らしは快適だからこのまま続けたいけど、何かあった時のことを考えると不安。というのが本音なのでしょう。

遠くても安心プランが選ばれている理由

そこでこの見守りサービスのことをお教えすると、皆さんパッと顔色が明るくなり「さっそく息子(娘)夫婦に相談してみます」と嬉しそうに帰って行かれます。

遠くても安心プランが選ばれている理由は、

・料金が1日あたりわずか100円で経済的
・カメラ設置やペンダント装着は不要でストレスなし

と、手軽に導入できるところにあります。

ぜひ一度公式サイトもご覧になってみてください。

これまでずっと抱えてきた、高齢のご両親に対するお悩みがきっと解決されるはずです。

公式サイト:【遠くても安心プラン】

コメントを残す