ゆうちょ銀行で個人事業主が屋号だけの口座を開く方法

ゆうちょ銀行の振替口座なら、個人事業主の方でも屋号のみの口座を作ることができます。
手続きにかかる時間は30分ほど、開設完了までは約10日〜2週間ほどです。

振替口座の特徴

  • 通帳がない
  • 指定した郵便局でしか入出金できない
  • 利息が付かない
  • 預入限度額がない
  • 預入金全額が保護される
  • 普通ではなく当座扱いになる

入出金のたびに毎回郵便局まで行くのはなかなか面倒です。
そこでおすすめしたいのがゆうちょ銀行のネットバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」への同時申し込みです。申込方法や記入例は記事の最後で改めて紹介します。

また、入出金があるたびに受払通知票という書類が郵送で送られてきます。もし不要なら、合わせて「確認振替受払通知票Web照会サービス」にも申し込んでおくといいでしょう。

申込方法は2つ

郵便局の担当者に直接伺ったところ、次の2つの方法があるようです。

  1. 本名+別名で申し込む
  2. 団体やサークル名・屋号自体で申し込む

個人事業主が屋号のみの口座を開きたいときは1番目の方法になります。
2番目の方法は2017年10月より規約が変わり、会員が3名以上いないと申し込めなくなりました。
(※団体やサークル名・屋号などを総称し「人格なき社団」ともいいます)

振替口座開設に必要な提出書類

まずは次の3点。

  • 振替口座加入申込書
  • 振替口座用印鑑票
  • お取り引き目的等の確認のお願い

どの書類も記入台には置かれていません。
窓口の方に「振替口座を開設したい」と伝えてください。「お取り引き目的等の確認のお願い」は申込時に局員さんが記入してくれる場合もあります。

本名+別名で申し込む場合

  • 開業届のコピー(あれば)
  • 事業内容の分かる資料(チラシ・カタログ・ウェブサイト概要情報ページのコピーなど)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 本人印鑑(認印可)

開業届は必須ではありません。
事業内容の分かる資料があれば大丈夫です。ウェブサイト概要情報ページのコピーは、氏名・所在地・連絡先が載ったものを提出してください。申し込み時に何も言われなかったとしても、後日追加の書類を求められる可能性が高いです。

振替口座加入申込書の記入例

団体やサークル名・屋号自体で申し込む場合

  • 団体運営規約
  • 会員名簿
  • 活動の内容が分かるもの(総会議事録・出版物や刊行物・ウェブサイト掲載の活動履歴など)
  • 代表者確認書類(免許証など)
  • 代表者印鑑(認印可)

団体運営規約と会員名簿は自分で作ります。
決められたフォーマットは特にありません。作成にあたっては以下のサイトが参考になります。

振替口座加入申込書の記入例

郵便局の担当窓口に提出して完了です。
後日、審査結果の連絡が来るのでそれまで気長に待ちましょう。

晴れて審査が通ったら以下の手続きを行います。

ゆうちょダイレクトの申込方法

振替口座の場合は書面での申し込みしかできません。
パソコンとプリンターの有無によって2つの作成方法があります。

パソコンとプリンターを持っている場合

ゆうちょ公式サイトの利用申込書作成サービスを使いましょう。

ゆうちょダイレクト利用申込書の記入例

パソコンとプリンターを持っていない場合

郵便局にゆうちょダイレクト利用申込書が置いてあります。口座開設の際、忘れずにもらっておきましょう。

ゆうちょダイレクト利用申込書の記入例

こちらは郵便局の窓口に提出するのではなく郵送してください。

以上です。

コメントを残す