年金受給中の親類を青色専従者をするときの疑問点まとめ

年金受給者を青色専従者にすることはできるのかとふと疑問になったので色々と調べてみました。結論から言うと問題なくできます。

要点

  • 前提として、年金受給者を青色専従者にすることは可能
  • 青色専従者にしても年金は停止・減額されない
  • 確定申告不要の条件は「公的年金の収入金額400万以下」で「それ以外の年間所得20万以下」
  • 年金は雑所得扱いになる
  • 年金には公的年金等控除額が適用される。控除額は収入により異なる
  • 例えば65歳以上で年間の年金収入が110万以下なら年金所得は0になる(令和2年分以降)
  • 専従者給与には所得控除の65万が適用される
  • 例えば専従者給与を月額7万とした場合、年間所得は19万になる
    計算式: 7万×12ヵ月-所得控除65万

参考ページ

青色専従者給与+公的年金の額|総務の森
母を青色専従者にすべきかアドバイスをお願いします。|税理士ドットコム
年金受給者の専従者給与について|税理士ドットコム
公的年金等の課税関係|国税庁

コメントを残す