sectionループで特定回数の時だけ別の処理をする【Smarty】

iterationプロパティを使うと現在の回数を取得できます。これにより簡単に処理を出し分けることができます。

{* 3回目 *}
{if $smarty.section.ループ名.iteration == 3}
  ・・・
{/if}

{* 5回おきに *}
{if $smarty.section.ループ名.iteration is div by 5}
  ・・・
{/if}

{* 偶数回 *}
{if $smarty.section.ループ名.iteration is even}
  ・・・
{/if}

{* 奇数回 *}
{if $smarty.section.ループ名.iteration is odd}
  ・・・
{/if}

{* 最初 *}
{if $smarty.section.ループ名.first}
  ・・・
{/if}

{* 最後 *}
{if $smarty.section.ループ名.last}
  ・・・
{/if}

コメントを残す