カウント関数の特徴と計算結果の比較

COUNT関数の種類は1つだけではありません。

この記事を読むと数字、文字、空白セルなどあらゆるものをカウントできるようになります。

COUNT関数の種類

COUNT(カウント)

数字が入力されているセルだけを数えます。

【入力例】=COUNT(A1:A5)

COUNTA(カウントエー)

数字と文字が入力されているセルを数えます。

エラーメッセージや空白文字(スペースなど)も含みます。

【入力例】=COUNTA(A1:A5)

COUNTBLANK(カウントブランク)

空白セルを数えます。

エラーメッセージや空白文字(スペースなど)も含みます。

【入力例】=COUNTBLANK(A1:A5)

COUNTIF(カウントイフ)

条件に合うセルだけを数えます。

検索条件が英語の場合、大文字と小文字の区別はされません。

【入力例】=COUNTIF(A1:A5,”○”)

計算結果の違い

次のA列(A1:A7)に対してそれぞれの関数を使い、結果を比較してみます。

COUNTIFの検索条件は「tokyo」とします。

  A
1 89
2 tokyo
3 東京
4
5 TOKYO
6  
7 0

計算結果

  • =COUNT(A1:A7)の結果は 2
  • =COUNTA(A1:A7)の結果は 6
  • =COUNTBLANK(A1:A7)の結果は 1
  • =COUNTIF(A1:A7,”tokyo”)の結果は 2

まとめ

  • COUNT関数にはおもに4つの種類がある
  • 数字が入力されたセルだけを数えるときはCOUNT
  • 数字と文字が入力されたセルを数えるときはCOUNTA(エラーメッセージやスペースも含まれる)
  • 空白セルを数えるときはCOUNTBLANK(エラーメッセージやスペースも含まれる)
  • 条件に合うセルだけを数えるときはCOUNTIF(英語の大文字・小文字の区別はない)

更新情報をメールでお知らせ

※個人情報不要。いつでもやめられます

コメントを残す