サーバー代を複数年分まとめて支払った時の仕訳例【個人事業主向け】

年をまたぐ場合は前払費用で処理。年末に決算整理仕訳で経費計上。1年以内なら支払い時に「通信費 / 事業主借」でOK。

具体例)6月にサーバー代3年分3万円を個人用クレジットカードで一括払いした

楽な方法

支払ったとき

前払費用 30,000 / 事業主借 30,000

  • MFクラウド確定申告の場合、前払費用という科目が無いので新たに追加する必要がある。追加場所は「その他流動資産」
  • うっかり前払金の科目を使わないよう注意。この科目は一時的なものに使う。

期末

通信費 7,000 / 前払費用 7,000

※当期分として6~12月分の7か月分だけを計上する。

厳密な方法

支払ったとき

通信費 10,000 / 事業主借 30,000
前払費用 10,000
長期前払費用 10,000

翌期首

通信費 10,000 / 前払費用 10,000
前払費用 10,000 / 長期前払費用 10,000

翌々期首

通信費 10,000 / 前払費用 10,000

最後に

知り合いの税理士さんによれば、個人事業の場合は楽な方法で問題ないとのことだった。ただし、一度決めたら途中で変えないこと。

ちなみにMFクラウド確定申告の場合は、長期前払費用についても新たに追加する必要がある。追加場所は「投資その他の資産」

いやーすっきりした。

この記事はお役に立てましたか?

はい

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す