事業用の補助金・助成金・給付金が個人口座に振り込まれたときの仕訳方法

個人事業主の方で事業用口座を持っていない場合、補助金などは個人口座に振り込まれることになります。

このときの仕訳方法は次のようにします。

結論

借方を事業主貸にします。

仕訳例

持続化給付金が50万円振り込まれた。

事業主貸 500,000 / 雑収入 500,000

その後、事業用口座へ資金移動した。

普通預金 500,000 / 事業主借 500,000

コメントを残す