ホームページの作り方を最短で学ぶ方法

ホームページを自力で作成したいと考えている方に向けて、最低限必要な知識を最短で学ぶ方法についてご紹介します。

ホームページとは

日頃よく耳にするホームページとは、正確にはウェブサイトのことを指しています。
ウェブサイトとは、文章や画像を集めたページのことです。つまり、インターネットで何か情報を見ているときは、必ずどこかしらのウェブサイト(例えばヤフーなど)を見ているということになります。

ウェブサイトにある文章や画像は、HTMLとCSSという2つの機械語によって書かれています。HTMLは土台作り、CSSは飾り付けとそれぞれ役割を持っています。

最低限必要なもの

  • パソコン
  • HTMLとCSSの知識
  • ブラウザ
  • 専用エディタ

HTMLとCSSのルールを覚える

まずは以下の記事をご覧ください。
HTMLがどんなものかを知ることができるはずです。

参考リンク:
HTMLを書いてみよう・前編

次に、初心者向けの無料動画学習サイト「ドットインストール」をご覧ください。
まずは下の2つの講座をそれぞれ2周見てみましょう。

次の講座で腕試しをしてみましょう。

最後に次の動画を2周見ます。

Bootstrap(ブートストラップ)とはCSSのルールセットのようなものです。
スマホ対応はもちろん、よく使うパーツや設定などがあらかじめまとめられています。スマホ対応の仕組みを詳しく知りたい方は以下の講座がとても参考になります。

内容を決めて実際に作ってみる

何か一つテーマを決めて1ページだけの簡単なものを作ってみましょう。
自分の記憶を頼りにとにかく分かるところまで書いてみてください。分からなかったところは後でまとめて動画を見直して復習します。次のような早見表も便利です。

参考リンク:
HTMLクイックリファレンス

画像の圧縮について

画像1枚あたりのデータサイズは100KB以下に抑えたいところです。
データを小さくするときは画像サイズを変更してから圧縮します。高解像度のスマホで見たときにぼやけてしまわないよう、最低でも横幅は750px以上にしておきます。

画像サイズ変更ツール
オンラインで様々な画像を瞬時にサイズ変更|iLoveIMG

画像圧縮ツール
TinyPNG

おわりに

インターネットには無限の可能性があります。
HTMLとCSSの2つさえ覚えれば、これまで縁のなかった人々へ情報を届けることができるようになります。その体験はきっとあなたの世界をぐんと広げてくれるはずです。この記事がその一助になれば幸いです。

コメントを残す