POPとIMAPの違いについて知ろう

POPとIMAPはメールソフトの設定をするときに必ず見かける単語です。
この2つの違いは「受信したメールをどこに保存するか」にあります。

POPについて

POPで受信したメールは、パソコンやスマホの中に直接保存されます。
読み方はポップです。

利点と欠点

  • ネットにつながっていなくてもメールを読むことができる(送受信の時を除く)
  • メールの数が増える分だけ自然とパソコンやスマホの容量も減ってしまう
  • パソコンやスマホが壊れるとメールも読めなくなってしまう

このような方に最適

  • 一台のパソコンやスマホだけで見られればいい
  • とにかくシンプルにメールを管理したい

IMAPについて

IMAPで受信したメールは、パソコンやスマホの中に保存されません。メールサーバというどこか遠くにある場所に保存されています。
読み方はアイマップです。

利点・欠点

  • 複数のパソコンやスマホでメールを共有できる
  • メールの数が増えてもパソコンやスマホの容量が減らない
  • パソコンやスマホが壊れてもメールはずっと読める

このような方に最適

  • 複数のパソコンやスマホで見たい
  • パソコンやスマホの容量を減らしたくない

まとめ

  • POPとIMAPの違いは「受信したメールをどこに保存するか」にある
  • POPは受信したメールはパソコンやスマホ内に保存される
  • IMAPは受信したメールをパソコンやスマホ内に保存されない
  • IMAPの場合、受信したメールは「メールサーバ」という場所に保存される

コメントを残す