アップルを装った詐欺メールにご用心

見分けるポイント

  • 本文にあなたの名前が書かれているか
  • 差出人メールアドレスが「〜@apple.com」または「〜@icloud.com」となっているか
  • 秘密の質問等を聞き出そうとしていないか

迷惑メール実例その1

[差出人]Apple緊急通知<diamonts04@b32.coreserver.jp>
[件名]Apple IDアカウントを回復してください

アカウントの有効性を確認できませんでした
ファイルに関するお支払い情報。

親愛なるお客様:
(あなたのメールアドレス)

いつも Apple-Store をご利用いただき、ありがとうございます。

私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知 らせしたいと思います。

私たちは、あなたのアカウントを維持するためにお使いの App store ID情報を確認する必要があります。

今すぐアカウントを確認できます

私のApp store ID

私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、 ア カウントがロックされます。

迷惑メールの実例その2

[差出人]Apple緊急通知<wasabi02@s44.coreserver.jp>
[件名]緊急:あなたのAmazonアカウントは24時間以内に停止されます!

残念ながら、あなたのアカウント Amazon ID (あなたのメールアドレス) を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

ここでお支払い情報を更新してください。

アカウントのロックを解除

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いします、

迷惑メールだと判断できたらすぐにメールを削除しましょう。

ページを開いてしまった場合は

まずは開いたページをすぐに閉じましょう。
迷惑メールの目的は、個人情報を集めることです。自身のメールアドレスやパスワードを入力しない限りひとまず大丈夫です。

ただし、中にはページを開いただけでウイルスに感染してしまう場合もあります。
パソコンやスマホの調子がおかしくなったと感じたら、セキュリティソフトでフルスキャンしてください。セキュリティソフトを入れていない方は、AVG・アバストなどの無料で使えるものを一旦入れておきましょう(あくまでも応急処置としてです)

パスワード等も入力してしまった場合は

すぐにアップルサポートへ連絡してください。

参考リンク:
アップルサポートへのお問い合わせページ

お問い合わせ手順

  • 一覧より「Apple ID」を選ぶ
  • 「その他のApple IDに関するトピック」を選ぶ
  • 「疑わしいメールまたはフィッシングに対応する」を選ぶ
  • 「メール」を選ぶ
  • 姓名を入力
  • メールアドレスを入力
  • Apple IDを入力(分かる場合)
  • フィッシングメール内のリンクから情報を送ってしまった旨を明記

数日中に担当者から返信が来るはずです。あとはそこでの指示に従いましょう

コメントを残す